アミノ酸シャンプー 種類

アミノ酸シャンプーの種類について

アミノ酸シャンプーと一口で説明をしても、アミノ酸シャンプーと表記があるからと言って全てが同様の効果を持つわけではありません。
アミノ酸シャンプーとはあくまで界面活性剤にアミノ酸系の成分が使用されているということであって、その他に配合されている成分によっては効果も変わってきます。

 

 

従来のシャンプーも同様に、様々な効果を持った商品がたくさん市場に出回っていたように、アミノ酸シャンプーも同様です。
最終的に使用者ご自身がどのようになりたいか、ご自身が現在どのような状態に当てはまるかで選ぶシャンプーの種類は変わってくるのです。

 

主にアミノ酸系の界面活性剤自体に、優しい洗浄力で頭皮や髪に対して低刺激であり、髪の毛自体のダメージの修復効果が期待されますが、その他に配合されている成分によっては、別の効果も充分に期待できるというわけなのです。

 

アミノ酸洗浄成分に加えてスルホン酸ナトリウムを配合しているタイプもあります。
スルホン酸ナトリウムは刺激が強めなので、乾燥しやすい頭皮の場合、フケや痒みがでやすくなります。
その他、石鹸系のカルボン酸ナトリウム配合タイプもあります。こちらも敏感肌には洗浄力が強めなので、痒みが出ることもあります。l

 

 

より保湿力を求める方、アトピー肌で刺激を抑えたタイプ、脂漏症皮膚炎で痒みがひどい方もいらっしゃると懐います。
様々な悩みをお持ちの方がいらっしゃるように、それに対応しているシャンプーが存在しているのです。

 

 

加水分解ケラチン、キトサンなどが有効成分として配合されているものは、髪の毛のダメージに対しての効果が期待されます。
保湿力で言えば、馴染み深い”コラーゲン”や”CMC”と呼ばれる類の成分が配合されています。
頭皮に対しても気になる悩みを持たれている人は多くいらっしゃるかと思いますが、フラーレン、センブリエキスが有名な成分として挙げられます。

 

脂漏症皮膚炎にはミコナゾール硝酸塩や殺菌作用のあるピロクトンオラミンなどを配合したシャンプーもおすすめです。
フケ、痒みがあまりにもひどい場合はまず皮膚科で外用薬を処方してもらう事をおすすめします。

 

 

これらの成分はもちろん複合されている場合もありますので、あくまで目安としてみていただければと思います。
これらのように、アミノ酸シャンプーといえど種類が豊富にあることご理解いただけるはずです。
使用を検討中の方は、ぜひともシャンプー選びの際に成分表記を見ることをオススメいたします。

page top