アミノ酸シャンプー 界面活性剤

アミノ酸の特徴

アミノ酸シャンプーが頭皮や髪の毛に対して良い効果を与えるという話はよく耳にしますが、なぜアミノ酸が注目をされているのでしょうか?
アミノ酸には一体どのような効果があるのでしょうか?

 

 

アミノ酸が頭皮や髪の毛に対して与える影響を考える際に、まず注目すべきなのは、頭皮や髪の毛というものがどの様な成分で作られているかという点です。
頭皮(肌)や髪の毛はその主な構成成分にタンパク質が挙げられます。

 

タンパク質とは平たく説明をすると幾つものアミノ酸が繋がって出来ている栄養素です。
そのタンパク質を主成分とする頭皮や髪の毛に対してアミノ酸を与えるということは、言わずもがな想像しやすいのではないでしょうか?
純粋に構成成分と同様のアミノ酸を与えることによって、頭皮も髪の毛も不足している分を補い補強される形となります。
たとえ、ダメージを受けていない部分であったとしても同成分であれば負担を与えることもなく使用していただけるのです。

 

肉類や魚類などのタンパク質を摂ると、体内でアミノ酸に分解されます。アミノ酸は血液中の栄養素となり、
体内の様々な場所に行き渡ります。髪の毛以外にも皮膚や臓器、血管など、体内にかかせない栄養分です。

 

 

また、アミノ酸はダメージのみならずその他の髪の悩みに対しても有効と言われています。
男性には多い悩みである薄毛や細毛。

 

女性では年齢とともに気になる分け目やトップのボリュームダウンなど。はたまたエイジングから現れる髪の毛のクセにも効果がみられます。
なぜならこれらの悩みの原因の多くは、髪の内部のタンパク質(アミノ酸)の減少が大きく影響を与えているからなのです。
様々な悩みに対して幅広く対応の効くアミノ酸はやはり注目されるべくして、注目されているのです。

 

 

アミノ酸は栄養素や保湿成分をはじめ、界面活性剤にも使用されます。
アミノ酸洗浄成分は市販に多い石油系界面活性剤や石鹸洗浄成分よりも頭皮に優しい洗浄成分です。

 

 

皮脂のとり過ぎによる脂漏症皮膚炎や乾燥による炎症などを抑制する作用があり、
フケやかゆみの発生を防止します。

 

乾燥しやすい女性はもちろんですが、皮脂の摂り過ぎによる頭皮のベタつきにもアミノ酸シャンプーはおすすめです。

page top